BTOパソコン用語集

BTOパソコンには様々な専門用語があります。 ある程度の知識がなければカスタマイズの注文をするのが難しいのでここでは専門用語について軽く触れてみましょう。

OS

オペレーティングシステムの略で、パソコンの電子的な処理を、人間の知覚でも理解できるようにするために必要な最も基本的なソフトウェアです。

CPU

CPUとは(Central Processing Unit)の略で中央演算処理装置などと訳されます。
CPUはパソコンのデータ処理全般をつかさどるPCの核の部分で、人間の脳に例えられます。より複雑な処理をするためには高いCPUの性能が必要となってくる。現在はIntelとAMD系の2種類のメーカー製が主流です。

メモリ

メモリは、CPUが扱うデータを一時的に記憶しておく場所です。例えるならCPUが作業をするための作業台といった感じで、このスペース(メモリの容量)が大きければ大きいほど、CPUはたくさんのデータを一度に扱って処理することが出来ます。

ハードディスク

別名ストレージ(貯蔵、保存)と呼んだりしますが、ハードディスクなどの記憶媒体は、磁気や光によってなかのディスクに大量のデータを書き込み、保存することが出来ます。

マザーボード

コンピュータなどで利用される、電子装置を構成するための主要な電子回路基板。CPUやメモリーなど、あらゆるパーツがこのマザーボードに組み合わされることによって、ひとつのパソコンとなります。

グラフィックボード

グラフィックカード、ビデオカードなどと呼ばれることもあります。DVDやアニメ、3Dなどの映像をパソコンで観る時に必要なパーツです。

サウンドボード

デジタル処理された音の波形データを、私たちが普段耳にしている音であるアナログデータに変換する役割を持っているのがサウンドボードです。

光学ドライブ

CD、DVDなどを読み込む、また書き込みをするのに必要なパーツです。

LANボード

ネットワーク、通信機器を接続するのに必要なパーツです。

マウス

本体を動かすことによってカーソルを、本体のボタンを押すことによってクリック等の操作を行う機器です。
有線のものが基本ですが、ワイヤレスのも、ボールを転がしカーソルを動かす「トラックボール型」など様々なモデルが発売せれています。

キーボード

文字を打つのに必要な機器です。 様々なメーカーから販売されています。

ディスプレイ(モニタ)

その名の通りパソコンの画面になります。 パソコン自体と一体のものや、27型の大きなものなど様々なモデルが販売されています。

BTOパソコン基礎知識

このページの先頭へ