デスクトップパソコンの種類

一口にデスクトップパソコンといっても、実はその形状と用途は様々です。
ここではデスクトップパソコンの種類について分類ごとに説明してみようと思います。

一体型パソコン

パソコン本体とディスプレイが一体化しているパソコンで、メーカー製パソコンによく見られる形です。
デザイン性、省スペース性に優れ、高性能な一体型パソコンはテレビ用チューナーはもちろん、3Dやブルーレイに対応した商品もあり、 パソコンとテレビの用途をまとめて使いたい人に人気があるようです。
しかしメンテナンス性や拡張性に乏しく、修理の際はメーカーに委託する場合がほとんどでしょう。
スタイリッシュな外観を実現するため、スリム・コンパクト化された結果として価格も若干割り高になってしまいます。

タワー型パソコン

拡張性が高く、コストパフォーマンスにも優れたパソコンで、一般的なパソコンの形としてイメージするタイプでしょう。
タワー型にもフルタワー、ミドルタワー、ミニタワーの順で 大きさが異なり、家庭や職場で目にするタイプのほとんどがミドルタワーかミニタワーのサイズです。
パソコンを置くスペースがあり、移動も考えていない場合、拡張性・放熱性・コストパフォーマンスの面から見てもオススメのパソコンです。

省スペース型パソコン

タワー型パソコンをスリムにしたタイプで、その名の通り、タワー型パソコンに比べ大きくスペースを取らないデザインとなっています。
その分拡張性や放熱性を犠牲にしているので、動画編集などの複雑な処理を行う作業には不向きかもしれません。
作業スペースを広げられるため、シンプルな事務作業で使うオフィスのパソコンに広く使用されてきましたが、 近年はノートパソコンのデスクトップ化が進んだことや一体型パソコンの登場によってその数は減ってきています。

キューブ型パソコン

サイコロのような四角い形をしたパソコンで、省スペース型パソコンをさらにコンパクトにした形状です。
省スペース型パソコンと同じく拡張性や放熱性には乏しいですが、デザインが非常にコンパクトでかわいらしい印象を受けます。
Apple社のMac miniやDELL社のStudio Hybridなどユニークなデザインの製品も多く、 オンキョー社のオーディオPCなど特殊な性能を持っているものも多いです。

デスクトップパソコンは大きく分類するとこの4種類になります。
BTOパソコンではメーカーごとに取り扱っているパソコンの種類に限りがあるメーカーもあるので、 デザインや形にこだわる方は、その点に注意しながら探してみてもいいかと思います。

→ 次のページ:「ノートパソコンの種類」

BTOパソコン基礎知識

このページの先頭へ